普段歯を磨くときは入浴中なので鏡をみることはほとんどありませんでした。歯の状態がどうなっているのかを気にしない状態で数年間過ごしていました。
もともと前歯が出ているので鏡をみると嫌になることもあり、虫歯でもないかぎり歯医者にいくこともありませんでした。
最近妻が歯が汚れているので歯医者に行った方がよいと何回もいうので久しぶりに鏡をみたところ歯が黄ばんでいるというよりは黒く滲みのようになっていたので驚いてしまいました。
特に前の方の下の歯の半分以上は黄ばんでいていままでよく人と話をすることができていたなという感じでした。他人で歯が汚れていた人をみてけなしていた自分が恥ずかしくなりました。
自分で磨いても全然取れないので近くの歯医者に歯石を取ることを目的に黄ばみを治療してもらうことにしました。
初日に歯医者さんに見てもらったところ2回に分けて治療するよう提案され、上からか下からかを聞かれました。下の方が汚れていましたが、上の前歯の変色もひどかったので上からにしてもらいました。
最初はピンセットの先が曲がっている器具でがりがり削ってくれましたが、血だらけになり焦りました。その次は機械で削り最後に研磨してくれました。鏡を見せてくれましたが期待していたほど黄ばみは落ちていませんでした。先生の説明では前歯は一部樹脂で虫歯の治療をしているのでその部分は変色したのは治せないということでした。それ以外の場所は綺麗にしてもらったのでこんなものかなと思いました。
次に通院では最初に歯の状態を鏡で見せてもらい、治療が始まりました。上の歯と同様なことをしてもらいましたが、治療後に鏡でみたところ上の歯よりも黄ばみが落ちて歯の自然な色になっていました。下の歯は樹脂で治療したことがないので綺麗に落とせるといわれたとうりの出来栄えでした。
先生から食生活を聞かれたのでコーヒーやお茶を飲む方だと伝えたところ歯が黄ばむ原因となるといわれましたがやめることはできないと話しました。
先生は歯磨きしてもコーヒーを飲むことで変色するのは仕方ないので定期的に歯医者に通院する方がよいといってくれました。
樹脂部分の変色は治療ではなくホワイト化という治療になり別料金が発生するといわれたのでそこまで黄ばみにこだわっていないということで選択しませんでした。
歯石を取ることで歯にいい影響を与えることにもなるというので今後は黄ばみになるまでの時間が長くなることを期待したいと思っています。
歯の黄ばみを落とす歯磨き粉
歯の黄ばみを落とす歯磨き粉が売れています。
何も歯科医でのホワイトニングだけが歯の黄ばみを落とす手段ではありません。
本当に歯の黄ばみを落としてきれいな白い歯を手に入れたいのでしたら、
専用の歯磨き粉を使用するといいです。
こちらで失敗しない歯磨き粉の選び方を紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です